日本語の教室

日本語の教室

【想い抜く】「シンプルな情熱」 言語の壁ぐらい

フランス文学の「シンプルな情熱」は熟年のフランス人女性が妻帯者に猛烈な恋をするストーリー。異邦人との間に言語の壁はなかったが、文化の壁がありました。今回は彼女が文化の壁とどのように向き合ったのか。文化の壁、言語の壁それぞれについて考察しました。
日本語の教室

【本気】「推し、燃ゆ」 誰でもファンになれるのか

宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」を読んで、「推し」とは何か、「どこからがファンか」について考察しました。「推し」とは「一推しメンバー」が省略された「推しメン」の略である。ファンは自分がファンだと言えばファンになれるのか。それとも何か資格があるのか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました